粗骨材の最大寸法:40mm以下
推定圧縮強度範囲:10〜70N/mm2
従来、コンクリート強度を調べるには直径φ100mmのコンクリートコアの採取が必要でした。「ソフトコアリング」は、直径φ20mm程度の小径コアと直径φ100mmのコアの圧縮強度に相関関係があることを利用し、小径コアの圧縮強度に補正係数を乗じて、建築構造物のコンクリート強度を測定する方法です。非破壊試験の簡便さと、破壊試験の正確さを併せ持っています。なお、当工法技術に関しては(一財)日本建設センターの建設技術審査証明を取得(※)しております。
                                         (※取得法人:願A高組、前田建設工業梶A日本国土開発梶j
「ソフトコアリングC+」は土木(Civil)構造物に適用できる、簡便で精度の良いコンクリート構造物の調査技術です。コンクリート構造物から採取した直径φ25mmの小径コアを用いて、構造体コンクリートの圧縮強度、塩化物イオン量、中性化深さが測定できます。従来の直径φ100mmコアと同等な精度で測定することが可能な技術となるよう開発し、(一財)土木研究センターの建設技術審査証明を取得(※)しております。なお、サンプリングの採取方法やコンクリート圧縮強度試験はソフトコアリングと同様で、塩化物イオン量の測定と中性化深さ測定等の土木対応技術が付加されております。(※取得法人:願A高組、前田建設工業梶A日本国土開発梶j,

圧縮強度試験の供試体は、高さがコア径の2倍程度に切断してキャッピング加工します。構造体コンクリート強度は、複数体の試験結果により、強度補正及び異常値の棄却検定等を行って算出します。
φ100mmコアと小径コアの比較
柱からのサンプリング状況
サンプリング採取後
圧縮強度試験状況
φ100mmコア強度と小径コア強度の関係

(建築構造物適用技術)

ソフトコアリング
測定方法
・圧縮強度測定。
・推定圧縮強度が60N/mm2以下。
・粗骨材の最大寸法25mm以下。
・柱や梁などの主要構造部材からの採取が可能。
・過密配筋でも鉄筋にあたる可能性が少ない。
・採取跡の補修が容易。
・簡易な試験機を用いて、現場でリアルタイムに強
 度の測定が可能。
・調査にかかる工期やコストを削減。
適用範囲
POINT
+
ソフトコアリングC

(土木構造物適用技術)

適用範囲
POINT
・塩化物イオン量の測定
・中性化深さ測定
粗骨材の最大寸法:40mm以下
粗骨材の最大寸法:40mm以下
・圧縮強度測定
・主要構造部材から採取しても、耐久力の問題となる可能性が少ない。
・過密な配筋状態でも、鉄筋切断の可能性が少ない。
・採取が容易で、採取後の補修が容易。
・長いコアを採取すれば、深さ方向の品質分布調査が可能。
質問(Q&A)
〒162-0832 東京都新宿区岩戸町18番地
        日交神楽坂ビル3階
        TEL:03-5227-8722
        FAX:03-5227-8723
   E−MAIL info@softcoring.jp
調査実績
活動情報
会員名簿
技術紹介
協会組織